のどが痛い、いがらっぽいときにおすすめのイガイガに届く生姜湯の作り方

生姜湯

のどがイガイガする、いがらっぽい、つばを飲み込んだら痛い、
風邪ひきそう、つらい、そんなときにおすすめの生姜湯の作り方をご紹介します。

用意するのは、生姜とお水だけ。
はちみつ、レモン、お砂糖があればなお良しです。

生姜をすりおろして、煎じる(煮る)だけなので簡単!
ひとつやっかいなのはちょっと時間がかかること。

生姜をすりおろして、お鍋でコトコト煮るだけ生姜湯


作り方
1生姜2かけほどを、すりおろす。生姜は水洗いするだけでオッケー。後で茶こしでこすので。
2コップ2杯分の水とすりおろした生姜を一緒に鍋に入れてコトコト煮る。
3水が半分くらいになるまで煮込んだら火を止める。
4茶こしかキッチンペーパーでこしながらコップに注ぎます。

そのままでは苦すぎるので、はちみつ(なければお砂糖、黒糖など)を入れて飲む。
レモン果汁を入れてもすっきりしておいしいです。

こんな長時間煮るのがめんどくさかったら、市販の生姜湯にしょうがをすりおろしたものを
入れて沸騰させるだけでも、甘いだけの生姜湯に辛味がアップできますので、お試しください。
めんどくさがりの私は、最近この方法で生姜湯を楽しんでいます。
市販の生姜湯は甘すぎて、効き目なしと感じているなら、この生姜湯をぜひ作ってみて。

手軽にできる生姜湯は、市販の生姜湯を活用するといい


1生姜1かけほどをすりおろす。
2コップ1杯分の水とすりおろした生姜を鍋に入れて煮る。
3煮立ったら火を止める。
4市販の生姜湯の粉をコップに入れ上から、生姜湯をこしながら入れる。
あればレモンを入れて完成。
市販の生姜湯は甘いので、蜂蜜は入れなくてもおいしく飲めます。

生姜をする、煮るという一手間で、辛くて、のどの痛みのいがらっぽいところに
直接届く飲み物ができるのだから、少しの手間はがまんできそう。

風邪をひきそうな気がする、ときにもこの生姜湯はおすすめです。
ポイントはぬるくならないうちに、飲むことです。
のどの奥の方に届くように、ゆっくりと痛みを通過させるように飲んでみてください。

牛乳とすりおろした生姜で作るジンジャーミルクもおすすめです。
このときは、はちみつかお砂糖類をお忘れなく。
ジンジャーホットミルクは、眠る前のくつろぎタイムのドリンクとしてもいいですね。

のどが痛い、痛がゆい、つばを飲み込んだら痛い、イガイガする、そんなイガイガのもとに届く、
そう、かゆいところに手が届くような生姜湯、お試しください。
風邪のひきはじめ、風邪を引きそうだなと感じたときにも、ぜひ飲んでみてください。

冷めないうちにふーふーしながら飲むのが効果的です。
ぬるくなってからは痛みに届くのが半減してしまうのが、残念なので。

一日中、寒さの中に身をおいた日も、この生姜湯を飲んでくつろいでみてください。
からだがほかほかあたたまる気分も味わってみて。
生姜湯で温活のスタートきってみるのもいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました